月別: 2016年11月

借金返済のためにアンケートやクレジットカード登録でポイントを稼ぐ

毎月節約のために家計簿を付けて生活費を管理しているのですが、たとえば親戚の結婚式や通院などの突発的な出費で2~3ヶ月先までちょっとしたお金が不足してしまう、といったことがありました。そんな時、私はインターネット上でいろんな人が書いてくれている節約術の内、手っ取り早く商品券やポイントを稼ぐことを実践してみました。
最初にアンケートについて実施してみました。私は今年から新築の一軒家に住んでいるためSUMOのアンケートに答えることで5000円の商品券を貰うことができました。アンケートの内容は、結構細かくて、そこそこ大変ではありましたが5000円の商品券はとても助かりました。そのほかにもさまざまなサイトの無料登録をすることで、商品券やQUOカードがもらえると言ったところはたくさんあり、色々登録しました。ただ気をつけなくてはいけないのは、無料登録後にどのような事をしなければならないのか、登録した内容はどのように使われるのか、などを調べておく必要があると思います。無料登録後に自動で商品を購入しなければならない、といった事のないように気を付けるべきだと思いました。
そのほか、無料で作れるクレジットカードにもポイントが付与されるケースが多いです。楽天カードは登録することで5000から10000円程度の楽天ポイントが付くことはCMなどでも有名です。私の場合、8000ポイントの時に登録をすることに成功しました。これもインターネット上で登録する際に付与されるポイントの予想サイトがあり、それを参考にしました。運が良ければ10000ポイントで登録することも出来ると思います。またこれらのクレジットカード登録では、おおむね友達紹介ポイントと言うものもあります。私の場合は、主人をお友達として紹介することで更に2000ポイントを貰うことができました。また、ライフカードも友達紹介でポイントが付与されます。これらクレジットカードの登録ですが、たくさん登録しすぎて管理しきれなくなったり、クレジットカードを使いすぎてしまい、結局お金を浪費してしまうなんてことがないように気を付けなければなりません。私の場合、初回から数回までクレジットカードを使うことで多くポイントが付与されるというキャンペーンに応募し、結局無駄にお金を浪費してしまった、といったことをしてしまいました。また、これらのポイントには有効期限か付いていることが多く、焦って無駄な買い物をしてしまわないように気を付けるべきだと思いました。

子供二人4人家族の金欠時の過ごし方!(^^)!

我が家は幼児の子供が二人います。

毎月使う金額を決めて生活しているのですが、時々生活費がピンチになったりするときがあります。
その時は決まって給料日前が多いのですが、なるべくお金を使わない計画を立てて行動するようにして過ごしています。

休日になるとショッピングモールへ行き、ゲームをしたり、食事をしたりとあっという間にお財布が空になるので、とりあいず0円レジャーを心掛けます。
近所の公園へレジャーシートと遊び道具をたんまりもっていきそこで過ごします。
お弁当もおにぎりやサンドイッチなど簡単なものにしてあとは唐揚げとおやつだけ途中で好きなものを子供に買ってあげます。
子供は買ってもらえること自体を喜ぶのでそれがおもちゃでもからあげでもどっちでも喜んでくれます。
そうすると一日に使うお金は1000円も使いません。
それでおいて一日有効に使えるのでおすすめです。
パパも公園でゆっくりできて人ごみよりも笑顔は多いです。

雨の日は自宅で過ごすことになるので、散らかる事を覚悟で工作大会をします。
貯めておいたお菓子の箱やストロー、割りばし、色々隠しておいたものを子供の前に広げてそこから自分の好きなものを作らせます。
もくもくととても集中してやっているのでその間に家事をしたりとさばかせます。
小雨の時はレインコートを着せてカエルを探しに行ったりもします。
とにかくお金をかけないように行くところは厳選して子供も楽しめるように心がけています。

食事は簡単で材料費のかからないプレート料理をすることが多いです。
お好み焼きやオムライスは絵も描けるので安価で子供もテンションがあがるので、お店のようにお子様ランチ風にしてあげたりします。

私自身は外出したらお金を使う性格なので、買い物にいく回数自体を減らしてそこは公園やサイクリングをしたりして出費を抑えます。

ストレスがたまらないように最低限のものは購入しますが迷ったらあきらめるようにしています。
服は我慢します。とりあいず着れるものはあるのでそれは我慢します。

あとは部屋を大掃除してみると意外と小銭が出てきたりします。
そして不用品も出るのでそこはリサイクルショップへ行って換金してお金を増やしています。
おもちゃなんかは割と沢山あるので子供に使わないものを選ばさせて換金してそのお金で新しいもを買ってあげたりします。

お金がないけど出来ることは沢山あります。
図書館もお金がかからないので利用しますがイベントもあったりと子供にもお財布にも優しいので私は利用させてもらっています。

色々工夫して乗り切ることで次また頑張ろうと思いますね!(^^)!

母親が愛した男のせいで貧乏になって借金をした

私の母親はシングルマザーでした。兄と私と妹が幼い時から昼間はクリーニング屋さんで働き、夜は水商売をして生計を立てていました。父親は死んだと母親から聞かされていましたが、叔母や祖母の話によると何処か遠くの県で新しい家庭を築いているようでした。小学生時代くらいまでは、母親も優しく休みの日は近くの公園によく連れて行ってくれました。私達子供が食べたいと言う料理はどんなに忙しくてもお金がなくても節約しながら作ってくれました。そんな母親が私は大好きでした。しかし私が中学生になったころ、母親が家に知らない若い男を連れ込むようになりました。私も兄も思春期真っ只中だったので、夜中に母親の寝室でコソコソ大人の会話をするその光景がすごく嫌でした。母親が男を連れ込むようになってから母親は変わりました。私よりその新しい男を優先するようになり、冷蔵庫に切らすことなくあったプリンがその頃からなくなり、惣菜とお酒ばかりが並ぶようになりました。家計もどんどん悪化して朝晩は納豆ごはんだけと言う日もよくありました。休みの日は母親はその男と何処かへ遊びに行き、私達のことはほったらかしで、学校の授業量も払わなかったせいでしょっちゅう生徒指導室に私が呼ばれたり、担任の先生が家庭訪問にくることが増えました。そんなが続いても一向に母親は変わりませんでした。むしろ母親自身とその男に無駄に思えるようなブランドもののバッグや車などそういうものにお金をたくさん使っているようでした。大学進学を諦め高卒で就職と同時に家をでた私に母親は給料日になると決まってお金をよこせと取り立てに来ました。その頃母親を嫌いになりかけていた私は妹が大学へ行きたいのにお金がなくて行けないと言っていたのを思い出し、母親にではなく妹にお金を渡しました。母親にお金を渡してもどうせ母親の男のために使って消えてしまうのが目に見えていたからです。なけなしの貯金も全て妹のために為妹にすべてあげました。しかし、ある日忘れ物をとりに実家へ帰ると戸棚の中の妹の貯金箱がわられていました。母親がとったに違いないと思い母親を怒鳴りつけお金を返さないと警察を呼ぶから!と言いました。すると付き合っていた男が数日後いなくなり母親は多額の負債を背負わされていたことに気づいたのです。時既に遅しでした。それからは母親は真面目な母親にもどり私含め家族で負債を返済しています。もう二度とこうならないようにしてもらいたいです。